一生懸命の指標

2014/12/16

僕が今日の講演会で一番伝えたかったのは、
【本当に一生懸命やったけど、どうしようもなくなって、勝ち目が見えなくなったなら諦めたっていい。次にまた違う場所でチャレンジすればいい。
では、何を持って一生懸命やったと言えるか。僕は本当に物事に一生懸命取り組んだときには、その業界のトップにいる人達に本当に敬意を抱けるものだと思う。プロ野球のファンが心ない野次を飛ばせるのは、一生懸命野球に取り組んだことがないからだと思う。だから、その業界から離れてもそこにいる人達に敬意を抱けて、応援したい気持ちがうまれているならば、きっとそこで君はその場所で頑張ったんだと思う。本当にどうしようもなくなったらチャレンジする場所を変えていいんだよ。】
ということでした。
と、少しキャッチーなものを先に書かせていただきましたが、今日は都立五日市高校という学校でパネルディスカッションをさせてもらってきました。
今日は2014ミスヤングチャンピオンの和泉美沙希さんと2人での講演となりました。テーマに沿って僕と和泉さんが順番に答えていく形式。
アスリート×グラビアアイドルという異色コラボで、お互い自分の経験をもとに色んなお話しさせてもらいました。
担当の先生から内容的なNGは一切無いと言われたので、すべて素直に答えてきました。あとは和泉さんが、得意の少林寺拳法を披露したり、生徒さんと握手したり。希望する生徒さんに僕のJAPANジャージを着てもらったり。
1時間ちょっとでしたが、楽しい時間を過ごさせてもらいました。
和泉さんは女優になりたいそうで、そのキッカケとしてグラビアアイドルをやっているとのことでした。来月は歌手デビューもされるそうです。バドミントンの日本選手権のテーマソングにもなっていたようで、これからどんどん活躍の場を広げていくだろうなと感じさせる素敵な女の子でした。
都立五日市高校の皆さん、和泉さん本当にありがとうございました!
講演会
和泉さんと

コメントを残す



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>