オリンピック報道を見ていて日本代表選手として感じること

2014/02/14

テレビで毎日オリンピックを観戦して楽しませてもらっています。同じ人間とは思えないようなパフォーマンスの連続。本当すごいですよね。僕も興奮して見ています。
昨年、日本代表という立場で日の丸を背負って国際大会に出場した選手として、書いておきたい想いがあります。長文になりますし、下手な文章ですが、お付き合いいただけたら幸いです。

多くの方も思っているのかもしれませんが、○○選手メダルを逃す!というようなメダル至上主義とも言える報道についてです。どうしても日本の報道は、メダルに執着してしまいますが、そもそもオリンピックに出場するすべての選手がメダルを狙えるわけではありません。メダルを狙えない選手が大半なのです。冬季五輪では1種目につき50人ぐらいが出場している種目が多いようですし、夏季五輪ともなれば1種目あたり200人以上が出場する種目もあります。その中で現実的にメダルを目標にしている選手は10人程度だと思うんです。残りの選手はメダルという目標は、現実的に掲げられないはず。日本は今のところ比較的スポーツが強い国ではあるので、メダルをとる選手が毎回うまれますし、金メダルをとる選手も出てきます。それでも日本代表=世界でメダルが狙える人ではないんですよね。

僕は昨年初めて国際大会に出場させてもらって色んな人から本当にたくさんの応援をいただきました。本当に嬉しかったし、ありがたいことだと感じています。その中で「メダルとってきてね」と言われることが何度かありました。そのたびに「いや、僕は日本代表ではあるけれど、世界的に見て今はそういうレベルじゃないんです」と正直に話してきました。その時の反応は本当に様々で「自己ベスト目指してがんばれよ」と言ってくださる方もいらっしゃいましたが、「そんなこと言わずメダル狙えよ」だったり、「なんだメダルは無理なのか」とがっくりされることもありました。そのたびに複雑な気持ちになりました。県大会や全国大会に出る時にはあまりかけられることがなかった言葉です。当然僕だって世界でメダルをとってみたいし、応援してくれる全ての人の期待に応えたい。きっと皆さんが思っている以上に競技者は、そう思っています。少なくとも僕は、そう思っています。そうじゃなきゃ29歳で現役復帰して日本代表なんて狙わないし、それを達成した今、こんなに世界と差がある中でチャレンジすることなんてありません。

でも、僕の努力だったり才能だったり全てが足りないのかもしれないけれど、今の僕にはその力がないことは僕が一番よく知っているんですよね。もちろん諦めていませんけどね。
僕はメディアにとりあげられるような選手ではないので、実際そういう言葉をもらうのは面識がある方ばかりです。ですので「ちゃんと説明すること」ができるんです。その反応がどうであろうとも。でも、きっとオリンピアンはみんな色んなメディアにとりあげられるので、応援してくれているすべての人に自分の現状を伝えることなんてできないでしょう。更に言えば、メディアに対応していく上で、実際にそんなことは無理だと思っているのに「メダルを狙う」と言わざるを得ない選手もいるでしょう。僕ぐらい年齢もいっていればそういうこともすべて理解した上で発言することもできるし、物事のかわし方だって分かります。でも、それを10代の選手に同じようにぶつけてしまうメディアは少し配慮が足りないかなと思ってしまいます。トップアスリートと言えども、競技を離れてしまえば当然普通の中学生だったり高校生です。とてつもない才能や未来を持っている若い選手を傷つけないで欲しい。彼らの可能性を損なうかもしれないようなことはして欲しくない。子どもたちを守るのは大人の仕事ですよね。十分に大人な僕だって、ここまで連日メダルがメダルがと言われると国際大会ってメダルをとれないなら行く価値がないと思われているのだろうかと考えてしまいます。子どもに与える影響は計り知れないだろうなと思います。
間違いなくすべてのオリンピアンがオリンピックに向けて努力していると思います。そして、基本的にアスリートの目標は「今自分に出来る最高のパフォーマンスを発揮すること」だと思うんですよね。アスリートって表現者ですから。その結果として今の自分のレベルによって金メダルだったり、メダルだったり、入賞だったりすると思うんです。だから、残念な銅メダルもあれば、最高の銅メダルもあるし、残念な8位も、最高な8位もあると思っています。究極的には、残念な金メダルだってありえると思っています。
オリンピックに参加するすべての選手が最高のパフォーマンスができて、たくさんの人にスポーツの面白さや、スポーツが持つチカラが伝わればいいなと思っています。
そして、僕は参加した選手みんなに最高にエキサイティングな時間をありがとうと言いたいです。

コメントを残す



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>